HOME > 委託店契約について

委託店契約について

委託店契約について

日光舎の取次店を募集しています!

現在、石川県内には27の取次店があり、「町のクリーニング屋さん」「地域の皆さんの衣類アドバイザー」として親しまれています。皆さんも日光舎のパートナーとして、一緒に働きませんか。出店の際は仕事のノウハウから従業員教育まで、丁寧に指導いたします。

委託取次店とは?

委託店とは日光舎本部と契約を結び、クリーニングの窓口業務や集配を行う店舗のことです。クリーニングの種類や接客、従業員教育など、開業・運営に必要な知識は講習会で責任を持って指導します。開業形態は専業、兼業の両方があり、兼業の場合はさまざまな業種の方が参加しています。

委託店のご紹介

畝田店 畝田さん

「遠方から通ってくださるお客様の存在がうれしい」

畝田店写真

当店は昭和45年開業。日光舎とは先々代からの長いお付き合いです。

契約形態は専業と兼業がありますが、私たちはクリーニングのみの専業店。町の頼れるクリーニング店として、日々のお手入れから収納の仕方など、トータルにアドバイスさせていただいています。また、本社で開かれる講習会にも積極的に参加し、クリーニングの知識を深めています。

顧客は地域の方はもちろんですが、なかには遠方から通ってくださる方もいらっしゃいます。以前、近くにお住まいだったお客様が、引っ越しをされた後も当店を信頼してくださり、わざわざご来店いただいているのです。これは背景に日光舎の高い技術があってこそ。

これからも日光舎の一員として誇りを持ち、お客様に喜ばれるアドバイスをしていきたいと思っています。

田上店 横地さん

「お客様との信頼関係を大切にしていきたい」

田上店写真

本業は自家精米を販売する米店ですが、約10年前、兼業店として日光舎の取次業務を始めました。委託業務には以前から興味があり、どの会社にしようか迷っていた際、クリーニング店を経営する知人から「委託契約をするなら日光舎がおすすめ」とアドバイスを受けたことがきっかけです。

本来、米屋として客商売をしていた立場から、お客様との信頼関係は財産。今までの信頼関係を守ることができるようなきちんとした会社と契約を結びたいと考えていました。知人のアドバイスから分かるとおり、同業者の間でも日光舎の質の高さは有名で、実際、取次店をしていてクレームはほとんどありません。

当店の特徴は広い集配ルートを持っていること。米の集配を行っているため、それを生かしてクリーニングの集配も行っています。これからも、お客様に信頼される存在であり続けたいと思っています。

お問い合せ

ご興味のある方は、TEL:076-241-6155(本社) までお問い合せください。契約条件等お知らせいたします。
フォームをご利用される方は、こちらから >>